我が家の歴代ハムスターの記録です。Jハムの育児記録・糖尿病治療記録(インスリン療法)もあり。稀に、筆者の近況なども。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
まだまだ元気です
2007-11-29 Thu 00:00
皆様、お久しぶりです。
早いもので、もうすぐ師走です。月が変わるので喪が明けたと判断しました。

長生きだった花が亡くなり、我が家の最年長者は菜々になりました。
その菜々は、あまり変わりなく元気にしています。

本日の菜々:体重40g、ペレット3g+野菜、インスリン必要量1.4単位/日。

nana 20070708_5


糖尿病のため、厳しい食事療法でいつでも空腹なので、人の気配がするとすごいダッシュで巣箱から飛び出てきます。素早さでは一番若い栗之助についで第2位です。プディングにしては細い40g前後を保っています。

nana 20070616_1


お迎えしてまもなく糖尿病が発覚したときの衰弱しかたからして、正直言ってこんなに長生きできるなんて考えもよりませんでした。もう1歳10ヶ月です。寿命の短い個体だったらとっくに亡くなっている年齢です。

毎日の日課のインスリン注射も頑張って耐えています。毎日の注射なんて本当は嫌なはずですが、最近はあまり嫌がったりしません。
自分の糖尿病治療法が絶対的に正しいとは言い切れませんが、方針は間違っていないことを菜々が証明してくれています。菜々が頑張ってくれる限り、こちらも頑張って治療を続けます。

加齢からか、ウンテイなどはしなくなりましたが、高いところに上るのが好きで、非常に元気にしています。

nana 20070616_4


実は、かみ・かみ・かみーゆ・ブログがYAHOO JAPAN!に掲載していただけることになりました。
これは菜々の頑張りと、皆様の応援アクセスがあっての事です。
管理人kamilleが多忙につき週1回程度しか更新できませんが、これからもよろしくお願いします。

YAHOO JAPAN!カテゴリ: トップ > 自然科学と技術 > 生物学 > 動物学 > 動物、生き物の種類 > 齧歯(げっし)類 > ハムスター > 我が家のハムスター

いつか、菜々の糖尿病の闘病記録をまとめてみようと思います。
絶対、同じ病気で困っているハムもいるはずなので!

★★ブログランキングに参加中です★★
記事に興味を持っていただけた方、下の3つのボタンを押してくださいね。m(__)m

FC2 Blog★Ranking 人気blog Ranking にほんブログ村 ハムスターブログへ

スポンサーサイト
別窓 | ★菜々 | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
<<個体差について | かみ・かみ・かみーゆ・ブログ | 花とお別れ>>
この記事のコメント
菜々ちゃん
ほんと、すごく頑張っているのですね。
毎日のお薬でさえもイヤイヤなはずのハムちゅに毎日の注射は、kamilleさんも大変で、見ていてお辛いことでしょう。
長い期間の日課になってるとはいえ、菜々ちゃんもほんとにエライ!!
やはりこれは、kamilleさんの愛情と知識、そして信頼関係の上に成り立ってることなのでしょうね。
糖尿病を患ってからの期間を考えると、kamilleさんと菜々ちゃんがどれだけ頑張ってこられたのかがよくわかります(ノω・、)
今後も菜々ちゃんにとって穏やかな日々でありますことを心より祈ります。

YAHOO JAPAN!拝見しました。すごいですーv-405
さすがだなぁと思いました(*´ω`*)ポッ
菜々ちゃんの闘病記録、是非学ばさせていただきます。

2007-11-29 Thu 11:48 | URL | ハム子 #b4l05.cU[ 内容変更]
普通、インスリン注射なんてお医者さまか自分が糖尿病患者でなければできる人はいないでしょうから、菜々ちゃんはとてもラッキーなハムちゃんですね。
YAHOO!JAPANに掲載されるなんてステキですね!ますます注目度が高くなって、病気を抱えたハムちゃんの助けになると思います。
頑張って下さいね!
2007-11-29 Thu 13:20 | URL | YORI #C33lS9oc[ 内容変更]
病気を抱えたハムちゃんの役に立つことはもちろん、菜々ちゃんもきっとうれしいと思います。
すばらしいことですね。
このブログがもっと広まればきっと助かるハムちゃんもたくさん居るはずです。
これからも身体、心に無理のない程度にいろいろUPしていただけるとうれしいです。
2007-11-29 Thu 15:02 | URL | いいちこ #-[ 内容変更]
お返事
ハム子さん
人間にとっては本当に細い針なのですが、体の小さいハムにとってはかなりの恐怖だったと思います。最近はすっかり慣れましたが。ほんとうに頑張り屋のハムです。

YORIさん
最初はいろいろ調べたのだけども、どうしても対症療法以外の治療を受けているハムの症例が見つからなかったので、自己流の治療です。結果的にラッキーなハムになりましたが、一歩間違えば悲劇のハムになるところでもありました。

いいちこさん
犬・猫はきちっとした糖尿病治療を受けていることがあるようなのですが、ハムは小さいですから獣医さんも尻込みされてしまうようです。参考になれば良いことだと思います。
2007-11-29 Thu 22:31 | URL | kamille #JalddpaA[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
生き物の種類に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。 …
top↑
| かみ・かみ・かみーゆ・ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。